大島理森が語る

野田総理の決断と総選挙後の三党合意について

2012.11.15

野田総理の決断と総選挙後の三党合意について

 野田総理が、明日16日、解散することを決断したことは、率直に評価してよいと思う。
谷垣前総裁、山口代表、野田総理の下で行われた三党合意の最後の場面での「近いうちに解散」は、自民・公明に対する約束であると同時に国民に対する約束である。結果として、野田総理がギリギリのところでそういう決断をしたことに一番びっくりしたのは、民主党の議員だと思う。勿論、なぜ昨日表明したのかなどについてはいくらでも解説はできるが、いずれにせよ、総理は大変な決断をしたわけだ。
 いわゆる「ねじれ」の政治状況の中で、今、政治家や政党は、重大問題に対して国民のために合意を作ることを求められている。絶えず苦渋の決断が求められると言ってもよい。そこには、政党同士が戦いながらも、そこはかとない敬意と信頼がなければならない。これは私自身が実際にやった経験からくる政治論である。今回の決断は、その一線がギリギリのところで守られたというのが私の評価である。
 いよいよ解散・総選挙になるが、お互い堂々と戦い、戦いが終わった後は、三党合意の責任を自民・公明・民主が負っているわけで、経済対策、税の在り方、社会保障の在り方等を着実に進展させ、結論を得ることが我々の責務である。昨日の党首討論で、安倍総裁が定数削減を含めた選挙制度改革もしっかりやると返答し、また、自民党も定数削減を公約に掲げているので、選挙後、これらの問題に取り組む必要があるだろう。経済・外交・教育・憲法・災害復旧・復興・地域のありようなど大きな課題が残っている。三党合意の実行を軸にしながら、時に議論し、合意を作っていくという、日本の政党政治の機能の復興が、選挙後の課題だと思う。
 率直に言って、新党にはそういう政治形態を作ることは無理だと思う。だからこそ、安倍総裁を先頭にして戦いに勝利し、自民党がその軸になって責任ある政治の展開をはかることが、選挙の最大のポイントだと思う。
 三年間、野党の幹事長、副総裁を谷垣総裁の下でやったが、その根底には政権奪還という目標があった。いよいよ、政権奪還に挑戦できる機会が訪れた。全力を尽くし勝利へ向かって進みたい。

このページの先頭へ