大島理森が語る

冷静な東アジア外交と、アベノミクスの影響について

2013.4.25
冷静な東アジア外交と、アベノミクスの影響について

 先週の番町政策研究所「2013 躍進の集い」へのご協力に感謝します。
 自民党内各グループのパーティが続いていますが、政策の勉強と同時に、参議院選挙決起大会の様相を呈していました。参議院選挙では自民党が勝たねばいけませんが、我がグループでも必勝態勢が組めるようにしたいと思います。

 尖閣列島の問題で、昨日、総理が「中国の脅しには屈しない」との発言に中国・韓国の政府から強い反応がありましたが、そういう状況でも日中、日韓での対話を続けることは、歴史からいっても現状からいっても大切なことです。日本国としての主張は主張として冷静にはっきり伝えると同時に、韓国、中国も冷静にで多様な対応してもらいたいものです。とりわけ、北朝鮮の問題が不透明で緊張している中ではより冷静な対応が求められると思います。

 アベノミクスによる大きな政策変更の中で、マクロ経済ではよい刺激と期待がマーケットに表れております。とりわけ、輸出企業は大企業を中心に良い決算が見込まれております。一方で、私は、自民党の水産関係の仕事もやっておりますが、水産業も含め急激な円安で痛みを被っている産業もあります。わが党は、そういう痛みを被りながらも頑張っている方々に対しても目配りをして、どのような対応をするのか、早急に結論を出したいと思います。

 いずれにせよ、定数の0増5減や予算案が衆議院を通過し、現在参議院で審議されております。山口県の参議院補欠選挙を経て、連休後、都議選、参議院選挙と一気に進むと思われます。この大きな二つの選挙に向けて、我々は、脇を引き締めしっかりとした足取りで立ち向かっていきたいと思います。

このページの先頭へ